2022年05月20日

続4630万問題

 凄いここまでエスカレートするとは。

 名前も顔もさらけ出されて。彼の人生はこれで大きく変わった。

 役所が間違いさえ起こさなかったら、穏やかな人生だっただろうに。

 おそらく、学校時代のアルバムや卒業文集が探し出されて晒される。

 文春も新潮も動き出してる。

 ----------

 だれでも突然信じれれない額が振り込まれたら、心が動く。

 実行した彼が悪いには違いないが。

 被害者の側面は否めない。

2022年05月17日

4630万円

 ワイドショーで叩かれている。
 詳細は省くが、受け取ったとされる男。まだ20代。彼は人生が大きく変わった。

 よかったのか、悪かったのか。仕事も辞めて人前に出られなくなってしまった。
 たった4600万円程度で。
 もしかして、被害者じゃないのか。

 今回のトラブルが無かったら、善良な一市民。

 --------------- 

 この金額。五輪の闇金。五輪で捨てられた食材。国会議員の月100万円の小遣い。
 「森・加計・桜」で使われたのも、ぜーんぶ税金。

 --------------

 間違えて送金した公務員。彼らの生涯賃金は優に億を超える。
 公務員の生涯賃金年金は十分推量できる。

 たった4600万で人生を変えられた青年。
 間違いは怖い。ちょっとした公務員のミスでは済まされない。

 ワイドショーの意見に惑わされてはいけない。

2022年05月15日

『理由なき反抗』

 ここの所、何かと忙しく映画に行く時間が取れなかった。
 
 久しぶりに太洋。『理由なき反抗』
 J.ディーン。ナタリーウッド。

 初見。噂には聞いていたが、それほどいい作品とは思わなかった。

 「観方が足りない」といわれればそれまでだが。
 別に深い感想もない。次回は『エデンの東』これは期待できそう。

2022年05月04日

どんたく演舞台

 ようやく、どんたく再開。
 2年間お休み。

 一ラウンド。ふるさと館
 すず柑進行。勘江・とまと・三宝・勘輔・ぽん太・ピコピコ勘心

 二ラウンド・櫛田神社
 勘朝しんこう・勘江・とまと・三宝・ぽん・ピコピコ勘心

 ----------

 やっぱりどんたくはいい。観てる分にはつまらなが、参加するのに意義がある。

 =========

 Uさん!ご馳走様でした。御礼。

2022年04月24日

『ゴッドファーザー Ⅲ』

 おそらく、ゴッドファーザーを観た事のない、映画ファンはいない。

 年に一作ほどしか観ない方でもゴッドファーザーは聞いたことはある。

 三部作ある。一番面白いのは間違いなくⅡ。

 今回はⅢ。昔。かなり昔、観ているはずだが、あまり覚えていなかった。

 おかげで、途中誰が誰か判らなくなって、軽い睡魔に襲われた(笑)。

 ----------

 アンディガルシアがカッコいい。皮のジャケットをさりげなく羽織って。
 真似しよう。

 3時間近くの大作。あっという間に終わった。
 
 =======

 次回の午前10時の映画祭。オードリーヘップバーン作品。
 なぜ毎年ゴールデンウイーク期間はヘップバーンなのだろうか。
 映画ファンはみなヘップバーンが好きとでも思ってるらしい。

 声を高らかに。私は違う。
 「暗くなるまで待って」くらいか。好きなのは。

4月商店街寄席

 四月商店街寄席
 番組
 一.『親の顔』     勘栄
 一.『短命』      勘江
 一.『松曳き』     ぽん太
 お仲入り
 一.踊り        すず柑
 一.『愛宕山』     勘朝

 春の商店街寄席。

2022年04月18日

『春風亭柳枝襲名披露』

 『春風亭柳枝襲名披露』千穐楽
 番組
 一.『狸札』        貫いち
 一.『蔵前駕籠』      正朝
 一.『三方一両損』     一朝
   お仲入り
 一.『厩火事』       扇遊
 一.踊り          すず柑
 一.『浜野矩随』      柳枝

 いぶし銀の会

2022年04月16日

『春風亭柳枝襲名披露』

 『春風亭柳枝襲名披露』
 初日
 番組
 一.口上
    小辰・柳枝・一蔵・小痴楽
 一.『やかん泥』    貫いち
 一.『天災』      小痴楽
 一.『替わり目』    小辰
  お仲入り
 一.『佐野山』     一蔵
 一.『愛宕山』     柳枝

 お客様に沢山ご来場いただき、とてもいい会になった。

2022年04月09日

『ゴッドファーザー part2』

 午前10時の映画祭。始まる。
 なんと、初回の『ゴッドファーザー』をはずしてしまった。

 馬の首がベッドに置いてあるシーンが観たかった。

 まぁ、いい作品には違いない。

 ただ、200分という長時間。3時間を超える。TV放送で一気に放映されることは少ない。

 まさに映画館でこそ鑑賞する作品。家のTVだと、必ず途中中断してしまう。

2022年04月05日

『ナイトメア・アリー』

 『ナイトメア・アリー』

 ミステリー仕立てのちょっと変わった作品。
 ケイトブランシェット

 ----------

 アメリカでは、「カーニバル」といって見世物興業があるのだろう。

 今では、あまり見世物芸は差別的で見られなくなった。

 放生会が懐かしくなる。そんな作品。

2022年03月31日

チェルニヒウ州知事

 チェルニヒウというウクライナ都市。

 州知事がジャンレノに似ている。どうでもいい話題だけど。

 また、オデッサという都市。
 何を想像するだろうか。
 フレデリック・フォーサイスの『オデッサファイル』
  ・ 彼の作品。『ジャッカルの日』。小説も映画も素晴らしい。
  ・ 実は『ジャッカルの日』の演出を『鰍沢』に取り込んだ。
  ・ なんと、その演出を勘心が気づいた。勘心の感性にちょっと驚く。

 ============

 小説も映画も一級品。

『パワーオブザドッグ』

 『パワーオブザドッグ』

 映画のセレクトに「監督で選ぶ」がある。

 この監督、昔『ピアノレッスン』で名を挙げた。
 ニュージーランドの女性監督。
 ハーベイカイテルがマオリ族を演じた。

 ----------

 『パワーオブザドッグ』。『ピアノレッスン』の匂いが漂う。

 ネットフリックス配信で観ることができる。
 ただ、ネットフリックスだと途中で投げ出している。
 ここが、映画館で心理的に拘束されているから最後まで観る良さ。

 まずまず作品。

2022年03月26日

『カンパウダー・ミルクシェイク』

 『カンパウダー・ミルクシェイク』

 キャッチコピーに「タランティーノ、サムペキンパーを受け継ぐ。」と
 楽しみに鑑賞。

 どこがや!総突っ込み。

 ==========

 振り返ると、60年代のサムペキンパー。80年代のタランティーノは本当に凄かった!
 『ワイルドパンチ』『レザボアドッグス』『パルプフィクション』『キルビル123』

 それはそれは血沸き肉躍る作品群。

 なんだこれ、駄作だろ!

国営放送職員

 ロシアの国営職員の勇気ある行動に少なからず感動した。
 あまり感動しないのだが。

 職を失うだけでなく、投獄もありうる行動。

 翻って我が国の国営放送。NHKでもそういう勇気ある職員がいるのだろうか。
 前会長のとんでもない発言。籾井ばか。」
 「政府が右を向けと言ってるので、われわれNHKがしないわけにはいかない。」
 ジャーナリズムの思考停止。

 当時クローズアップ現代が様変わりした。

 資金を国民から税金まがいで集めて、ザブザブ使って政府の犬になってるなんて、
 なんともはや。

2022年03月21日

『バットマン』

 『バットマン』

 今までバットマン作品は何作あるのだろう。スピンオフも含めると20は越えるか。

 これ最新作。
 多くを観てきたが、今回のはミステリー度が一番高い(のではないか)。

 キャットウーマンを思わせるキャラクターが出て来たり、バットマンモービルももちろん。

 -------

 ただ、小さいころバットマンのTVを観た少年時代を考えると、
 「ロビン」がいないのはどうも寂しい。
 眼だけをリボンで覆ったキャラクター(笑)。