2017年11月20日

『ローガン ラッキー』 ※ネタばれあり

 現金強奪物・刑務所脱走物・コメディ物はわたしの好きな作品群。

 それが3つも合わさっているなんてこれ以上の作品はナイ。

 『ローガン ラッキー』
 しかも、主役がダニエル・クレイグ。007の例の俳優。

 ==========

 サーキットレース場から売上金を強奪する計画。

 アメリカ作品らしく、大成功
 だが、ほとんどの強奪金を返してしまう。
 なんともったいない!

 だが、それを基に永遠に強奪が繰り返されることになる。
 これは最高の計画。
 
 ==========

 ただ、私や〇心・〇春のような無拝金主義にはあまり垂涎モノではない。
 何と言っても、面倒この上ない。

 ==========

 作品中で少女が『ジョン・デンバー作 ウェストバージニア カントリーロード』
 を歌う。ここはかなりグッとくる。
 娘を持ったことがある人は涙するに違いない。私の息子達は全員男。しかもまごも全員男。

 ラストも小粋に決まってる。
 私と同じような趣向の方にはおススメ。だけど、Bクラス以下。D級作品。

 別にレンタルでも観るまでもない。
 おそらく、2週間で、ナイトショーでいつの間にか雲散霧消する作品。

2017年11月19日

 『三題噺』

 私が好きな方は
 ・怪しい人。〇春なんていい例。
 ・お金持ち。自分はお金持ちでなくていい。生活費さえあればいい。
 ・見え見えの嘘を突く人。落語のネタになる。
 ・B級の、人がやったことのないことをやり遂げた人。

 以上の人はいい。

 --------------

 実は今度の『商店街寄席』で『三題噺』をやることに決めた。
 これはご来場いただいた、お客様が
 納得するお題を三つ頂きそれを噺に織り込んで、一つの噺を作り上げようと言う企画

 とても常人のなせる業ではない。
 ソコに挑もうと言うのだから、無謀。

 ただ、他人の無謀は結構面白い。

2017年11月18日

いろいろあって、何から書こう?

 昼前『切腹』鑑賞。新藤兼人監督。

 =========

 昼、稽古会。
 とまと『時そば』徹底稽古。マンツーウーマン稽古
 とまとへの結納じゃなくて、遺品ではなくて、置き土産みたいなもの。
 思い出した。形見みたいなもの。
 とまとはそんなことに頓着(とんちゃく)せずに稽古。
 私の『時そば』は6代目柳橋の型なのに。珠玉のネタを知らずに演る。
 「あーもったいない。」

 ==========

 夕方、某中学校同窓会余興。
 私の噺を聞くより、旧交をあらためたいはずなのに、ちゃんと聞いてくれた。
 しかもギャラが予想に反して50%も高かった。欣喜雀躍(きんきじゃくやく)。

 ==========

 そんな折、旧交を深めた彼女から電話。
 なんども口説いたけど、結局枕をともにすることはなかった(笑)。
 してなくてよかった。男女の仲は枕を共にすると結局別れることになる。

 例外を2件だけ知ってるけど、他はもれなく険悪な仲になっている。

 その例外二軒の彼女達。二人とも経営者として大成功している。
 ひょっとして私は『アゲチン』。
 もういい。これ以上書くとR指定になってしまう。

 ===========

 Hさんと話してると、
 『間髪をいれず』という言葉が出てくる。
 多くの人が「かんぱつをいれず」とよむ。
 Hさんは正確に「かんはつをいれず。」と発音。
 こういう所に教養は出る。

 ちなみに
 『危機一発』は『危機一髪』が正解。余計なお世話。

 〇春が夜毎過ごしているのが『危機一髪』
 持ち帰った戦利品で過ごしているのが『危機一発』(笑)。

 〇春が見事に罠にハマった。

 ===========
 初めの約束は「週に一、二回」だったが、
 毎日書かされる羽目になる。ちょっと可哀そうだが、お客様のために一肌ぬいでもらおう。

 おかげさまでHPのご来場数が増えている。商店街寄席より確実に増えている。

 ===========

 『パンツ』ネタを書かせたら右に出る者は居ない。実践が物語っている。
 毎晩何処を歩いているのか。
 
 確か城〇区にすんでいるという。

 城〇区にお住まいの方、ご注意あれ。

2017年11月17日

祝!『勘春の独り言』開設

 いやぁ。おめでたい。
 ウチのスタッフにこんなに書き手がいるとは、今でも信じられん。
 今までの書き手は
 私・珍・米・企鵝・こやす・楽・楽狐・こえびまだ居たはず。そして今回は勘春。
 それぞれが自分の立場で書き綴ってきた。

 まだまだいる。変態を自認している。勘心。本物のライター勘尺
すずもいれば、とまと、印刷屋勘右
 一番人生経験が豊富な壽楽。お囃子のこちょうもいるし、えーっとわすれた。
 ごめん。他のウチの隠れ会員もいるはず。

 =================

 問題は毎日書き続けることがいかに大変か。2週間近くで辟易(へきえき)して来る(笑)。
 それまでは頑張って書き続けましょー!
 1カ月続いたら新品の下着をプレゼントしましょう。

2017年11月16日

『いのち・ぼうにふろう』 ※ネタばれあり

 福岡市総合図書館、シネラにて鑑賞『いのち・ぼうにふろう
 どっちかというと『七人の無頼漢』『七人の悪人』と表現した方がいい。

 ------------

 仲代達也という名優に、途方に暮れる。感嘆する。
 とにかく、他に表現のしようがない。

 ------------

 彼ほど白黒映画がにあう俳優は居ない。

 もし超えるとするなら、『オーソン・ウェルズ』だけ。
 『第三の男』で、ざっくりと、ビルの影から出てくるシーン。

 ------------

 黒沢一家の一員。
 『七人の侍』では落武者の役。
 ただ槍を持って歩くだけのシーンに何度もNG出された。
 「君は落武者が、どのように歩くのか知らんのか!」となんば歩きを指導された。

 そこでの指導が今回の作品に生きている。

 ============

 最近観た作品は何だっけ?『海辺のカフカ』だったっけ?
 あれも白黒で撮れば良かったのに。

 ============

 作品は『七人の侍』を彷彿とさせる。『必殺シリーズ』の作者はかなり影響されている。

 「元締め役がいやに下手だなぁ。まるで歌舞伎の紋切り型ジャン。」とパンフレットをみたら
 な、な、なんと『翫右衛門』!そら上手いはず。前進座を大歌舞伎にした役者。

 他にも、そうそうたる役者が勢ぞろい。南座の顔見世状態。
 勝新太郎・佐藤慶・岸田森・栗原小巻・神山繁・
 酒井和歌子
(字がおぼつかない。)山本学・・・。忘れた。

 こんな作品に出会うから、映画ファンは止められない。

 --------------

 内浜落語会によくお越しいただいているIさんに会う。
 今度25日ご来場いただけるとのこと、がぜん張り切る。だけど稽古は出来ない。
 なぜ稽古できないかは後日。
 『三題噺』のココロだぁ~!

 ==============

 いつもの〇春からの投稿が無かった、寂しい。
 下着泥棒で捕まったのだろうか。本気で心配している。
 今度私の下着でよかったら・・・・・・。止めよう。R指定しなくてはいけなくなる。

2017年11月15日

『マイティー・ソー』最新版 ※ネタばれあり

 カタカナ語は覚えにくい。ましてや、想像上の名前や都市名・施設名は覚えにくい。
 最後までこんがらがった糸状態。誰が誰か解らないまま。

 私は今でもDNAを太洋と、ソフトバンクをダイエーと間違える。

 ===========

 『マイティー・ソー』最新版。
 よく解らないまま、ラストまで。

 -----------

 凄いのは、
 ベネディクト・カンバーバッチ、
 スカーレットヨハンセン、
 アンソニー・ホプキンス
らの名優が次々出てくる。

 彼らの方が出演料が高い。

 ------------

 近頃、日記がお手軽にすむ。
 〇春のおかげ。
 ありがとう、春さん。

【小相撲】(大相撲ではありません)

 私のブログではありません。
 どうやら、文章表現の楽しみに気付かれたようです。
 約、2週間も続けると、苦痛になるのに(笑)。
 しかし、ロジックがとてもしっかりしてます。
 小学生の頃〇〇作文の優秀賞とってるに違いありません。
 本日も編集は一切しておりません。(勘朝)

 =================

 福岡では ただいま大相撲九州場所が開催されております。街でも時々お相撲さんを
見かけることがございます。
まあー彼らは目立ちます。あの体系と着物姿そしてマゲを結っています。
非常に目立つ外観ですが 目立つのはそれだけでない様に思われます。
目立つのは 彼らの日々の精進・稽古から生まれるアスリートだけが放つ独特のオーラ
の為かと思われます。
まあ 目立っんですなぁ。
 数年前の今時分でした。私が 博多から篠栗に向かう電車に乗っていますと 
吉塚駅から一人の若いお相撲さんが乗ってきました。この電車は、朝夕は混みますが昼
間はがら透きです。
その車両には5・6人の乗客です。市内を電車で移動するのはあまり上位の番付のお相撲
さんではございません。
その体は 一般の人よりは大きいのですがまだまだお相撲さんの体系ではありません。
マゲは、やっと結える程度。
入門後1.2年というぐらいでしょうかね、顔にはまだ幼さが残っております。目は少年
の目です。

 彼は 私の斜め前に座り しばらくすると 手に提げた信玄袋の中から飲み物を取り
出したのです。
紙パックの野菜ジュースの様でした。
彼は その裏にくっ付いてるストローを外そうとするのですが 彼の大きな指にはちょ
っと難しそうです。
強く摘まめばストローが潰れてしまいます。
まあ なんとかそれを外し 今度はそのビニール袋からストロー本体を取り出す作業で
す。
あの小さなビニール袋の頭を千切ります。
その小さな切れ端をどうするのかと見てますと、
彼は その小さな小さなビニールを切れ端をそこらに捨てることなく なんと信玄袋に
戻したのです。
えぇ、部屋の親方・女将さんの教育が行き届いてるのか、生まれ付いてのご両親のしつ
けがいいのでしょう。
そして、彼はストローをトップの膜にプツと付き差しますと ニッコリと微笑んでから
 一気に飲み干したのです。
喉のよっぽど渇いていたのでしょう、勢いあまって紙パックが変形しました。
当然のことながら彼はその紙パックも信玄袋に戻します。
 そして 再度彼の大きな手は信玄袋の中へ。そこから取り出したのは なんとなんと

まあ 大げさに言うこともないのですが コンビニのおにぎりでございます。
 コンビニのおにぎりは どの系列のコンビニでも同じ大きさです。
それが彼の体格 彼の大きな手の中にあると 一回りも二回りも小さく見えます。
彼は それを慣れた手つきでマニュアル通り①と書かれた帯を取ります。当然これも信
玄袋へ。
そして ②と記入されてるあたりを持ちますと 静かに静かに引いていきます。
そして ③番目もゆっくりゆっくりと引きはがし そして にっこっと微笑えんだので
す。
 コンビニのおにぎりは ご飯と海苔が隔離されていて 
いつ食べても パリパリの海苔の食感が楽しめておいしいのでございますが 
時々 2番と3番の袋を剥すとき海苔の端が折れて端が千切れて袋にくっ付いてくるとい
う憂いがございます。
まあ 大した大きさではないのですが 貧乏性なので なんだか気分の悪いものです。
 彼は その時 海苔が千切れることが無く うまくラッピングが剥がれたのでしょう

海苔が丸まる残ると嬉しいものです。
こんな小さな幸せは お相撲さんも我々もあんまり変わらないもののようでございます

 そして 彼はそのおにぎりをおもむろに口に運んだのです。
私は あんまりじろじろ見てると 彼も食べにくいだろうと配慮の元 自然体を装いな
がら チラチラと見ていたんです。
 彼は あれを何口で食べるんだろう?2口かな?いやいや やっぱり3口ぐらいかな?
なんて思いながら見てますと 
なんとなんと 彼は ガバッと1口で・・・いや まあ これは嘘ですが。
彼は なんと ウサギの様に小さく口を開け おちょぼ口でかじりだしたのですなぁ。
えええ。私は目が点になり、思わず2度見をしたほどでした。心では笑いをこらえるが
やっとでございました。
まあ 彼は何も悪いことも 不自然なことをやってるわけじゃありません。
私の お相撲さんは 何をするのも豪快にっという 勝手な思い込みが 裏切られただ
けなのでございます。
 こんなに美味しそうに、また、うれしそうにおにぎりをかじってる彼を見てますと、
まあ 彼は あんまり上位の番付にはならないような気もしました。
しかし、しばらく見てるうちに、反対に こんな お相撲さんこそが 強くなって貰い
たいなぁー。とも思ってきたんです。
こんな彼を応援しよう、と思ったのですが、名前は分かりません。今は顔も忘れてしま
いました。
福北ゆたか線ですので、彼は多分篠栗に部屋のある元寺尾関の錣山部屋の子だったんで
しょう。
今はどうしていることやら。

 その日は一日穏やかな気持ちで過ごすことが出来ました。

 ええ。お相撲さんが 電車に乗ってただおにぎりを食べた。というだけのお話でござ
いました。
落ちもなにもございません。フフフ。
 
 日馬富士、割れたビール瓶片付けたんでしょうか?
 
 錣山親方、いい力士を育ててください。よかったら内浜落語会見に来てください。(
場所中だから無理かな)
 
 あるマイナーな相撲ファンの一言でした。

2017年11月14日

またまた、投稿あり

 トランプの外遊
トランプ大統領がアジアを外遊しましたが、我々落語を遣っているものからすれば突っ込みどころ満載です。まず、日本での晩餐会。米倉涼子は大統領のリクエストだったようです。ほぉ~、大統領と私の好み同じなんだ。大統領、見る目あるじゃん。ちょっと身近に感じました。
でも、米倉涼子、昔は大根だったんですよ。学芸会にも及ばない程度でした。美少女タレントで綺麗だったもんで、息子に頼んで携帯の待ち受けにしてもらいました。NHKの大河ドラマ「宮本武蔵」でその恋人「お通」に抜擢され意気揚々にTVを見たんですが ????。2回見るのが限度。その頃の米倉は黙って立ってるだけの方がよかったんです。でも今は そこそこの女優です。
大統領、米倉の心は盗まないでください。その代り安倍の心なら どうぞどうぞお持ち帰り下さい。
お土産といえば 中国の故宮で習さんから「この壺持ってください。純金です」と言われ
トランプさん ちょっと触るのですが。おいおいおい。そこは、まずコートのボタンを外して、そのコートで包むようなしぐさをすべきだろう。
(ト)「あのぉ~、ちょっと向こうを向いててください」
(習)「重いですよ。すみません。今度はもっと軽いお土産を用意しておきます」
こんなことをボケ・突っ込まれると 北のお坊ちゃまも、また他の国々も「やっぱり、この二国には敵わねぇや」となるんですがねぇ~。幸か不幸か、まだまだ、そこまで飛びぬけるまでには いっていないようです。
余裕があってこそ ユーモア・洒落が生まれるものです。余裕があれば争うのも馬鹿らしくなってきます。余裕は平穏を生みます。平穏は平和を生みます。
余裕のある方、平穏を求めてる方、どうぞ内浜落語寄席にお越しください。
後味のいい微笑み(平穏)をお持ち帰りいただけます。
小さな、小さな、平和活動の一役になれればと思っています。

 -------------

 一切編集してません。(勘朝)
 米倉涼子・・・。知らんなぁ。

 彼は理系なのに文系脳で綴ります。
 たいしたもんです。

 近いうち、日記の書き手として登場させます。
 毎日書くのがどれだけ大変か解るはずです(笑)。

2017年11月13日

ショート・ショート『小さな恋の物語』

 勘朝が異変を感じたのはつい、最近。
 「気分がおかしいなぁ。まさか、また鬱ゾーンに入ってしまったのか?
  今度の寄席では結構重要なところに出るはずなのに、また連中に迷惑かけるのか。」

 ところが、どうも鬱とは違うようだ。昔~し、味わったような気分。
 10代の頃。10代の頃の海馬(かいば)を検索していたら、何と出てきた。

 『失恋!!!』60年以上生きてきて今更ながら『失恋』とは。

 彼女は知らない。伝えるわけにもいかない。 これが高校生だったら、
 手紙の一通でも書いていたのに。彼は結構文章は上手い(と自分で思ってる)。

 =============

 昔。『電波少年』というTV番組があっていた。
 ノーアポでガンガン世界中を訪ね歩く、というようなコンセプト。
 一番驚いたのが、PKOかPLOかのアラファト議長を訪ねたこと。これには肝をつぶした。

 で、彼は『電波少年』になって彼女のもとへ赴いた。7回訪れた。
 「だいたい3回くらい気付くもんですよ(笑)。」と〇心から諭された。
 7回目でようやく嫌われてると気付いた。最初は、〇心の御礼を伝えに行っただけなのだが。
 メダカのようにおめでたい。(すくいがたい。というメタファー)

 ストーカーになっていた。
 ちょっとだけ、彼の肩を持つなら、別に彼女の家の玄関前で待ち伏せたりはしてない。
 また、三回以内にあえてたなら、恋も芽生えなかったはず。

 ----------

 勘朝の小さな恋の芽は日の目をあびることなく、あっけなく。しおれてしまった。

 ただ、彼は彼女に感謝している。こんなおっさんに甘酸っぱい失恋を味わわせてくれたことを。

 できれば、別居中の連れ合いと彼女には観てもらいたくない。
 と、どこまでもオーストラリアの大平原のように(果てしなく、のメタファー)多アマな彼。

 連れ合いが目にするのは時間の問題。

 ------------

 書きながら、久しぶりの恋愛にブルーな吐息を出している。
 そして、偶(たま)に、百道の海岸へ行き、能古の島の左側に沈む夕日に向かって
 「バカヤロー」と叫んでいると言う。己が一番大馬鹿なのに気付いていない。
 おしまい。

 ============
 【恋愛】
 特定の異性に対し、他のすべてを犠牲にしても悔いないと思い込むような愛情をいだき、常に相手のことを思っては、二人だけでいたい、二人だけの世界を分かち合いたいと願い、それがかなえられたと言っては喜び、ちょっとでも疑念が生じれば不安になるといった状態に身を置くこと。
  (第七版 三省堂:新明解国語辞典 寄利

  第五版のころはもっと過激な表現だった。それをのせると、R指定しなければならなくなる。
  どうしても知りたいなら三省堂に連絡して第五版を買うこと。それかブックオフを探しまくる。
 結婚と恋愛は同立しない。これを読めばよく解る。)